FC2ブログ

アンテナ切替器と中波用誘導結合カプラーの製作

アンテナ切替器と中波用誘導結合カプラーを作りました。

アンテナ切替器は2つのアンテナの受信状態の比較をする際にいちいちコネクターを外してアンテナを交換するのが面倒くさいのでいつか作ろうと思っていて今になってしまいました、ケース用に100円ショップでタッパーを購入、BNCコネクタを3個と2回路2接点のトグルスイッチを1個、後は配線材料を少々、受信用ですのでSWRの変化の事などはあまり考えず作りました、使ってみるとそれはそれは便利です、アンテナの切り替えに1秒と掛かりませんからとても楽ですし受信状態の変化もすぐに確認できます。
製作したアンテナ切替器
ant sw

次に中波用誘導結合カプラーです、アペックスラジオから製品が発売されていますが品切れの事が多くまた少々金額も致しますのでネットで検索してみたところ何人かの方が自作して画像をアップしていました、フェライトバーに線材を巻きケースに納めて外部アンテナを接続できるようにします、アペックスラジオさんの商品はアッテネータもついていますのでそれも真似して取り付けました、ただ中身は個人が製作したものを写真で見るしかなくアペックスラジオさんのものはもちろんその中身を見る事が出来ません、個人で製作されたものの画像を拡大してみるのですが陰になっていたり隠れていたりしましたがまあどうにかなるだろうと作ってみました、最初に作った時にケースに納めたフェライトバーはとても短くて2㎝の長さしかありませんでした、2㎝のものを5本まとめてそれに線材を巻きました、とりあえず受信はできましたがやはりフェライトバーが短いので信号が強くなるところがピンポイントになってしまいました、そのためケースの内寸いっぱいのものを入手するために再度フェライトバーを注文してやっと今回ほぼ完成となりました、ほぼというのはフェライトバーへの線材の巻き数の調整がもう少し必要と思われるからです、このあたりは自作に慣れていらっしゃるシエスタさんにアドバイスを頂きました、巻き数を増やしたり減らしたり試してみたいと思います。

製作した中波用誘導結合カプラー、形はアペックスラジオさんの製品に酷似w
mw cupl 01

中波用誘導結合カプラーとラジオ
mw cupl 02

受信状態の実験、高知県から大阪のMBSラジオを受信しました、カプラーなしでは全く聞こえませんがカプラーを近づけると大変良く聴こえます、外部アンテナとして使用しているのはYouLoopアンテナです。アッテネータはツマミを右に回すほど減衰量が大きくなります。

アペックスラジオさんの製品は少々金額がしますと最初に書きました、しかし私のような知識の乏しい人間にとってはとてもありがたい製品です、このカプラーを作ってみて思ったのはこのような適当な思い付きで作ったものでも工作初心者の私は組むのに結構時間がかかり大変でした、アペックスラジオさんのものは製品として販売するためにいろいろ思考し計算もされて完成させているのですからそれなりの値段がして当然だろうということでした。
(=^・^=)ノ良く聴こえるよ。
スポンサーサイト



2021年3月10日 北米中波 1620kHzの放送局

先週から入感が確認できている1620kHz の放送局はカリフォルニア州West Sacramento の KSMH であることが濃厚となりました。 
放送局のホームページアドレスは → https://relevantradio.com/
ラジオで受信しながらカリフォルニア州北部にある KiwiSDR で放送を聴き比べてみたところ同じ放送が確認できました。

bandicam 2021-03-13 10-56-47-058

bandicam 2021-03-13 10-51-36-342

放送を確認した KiwiSDR の位置
bandicam 2021-03-08 23-28-54-875

この放送局は昼間と夜間の送信出力を10kW/1kW に切り替えていて、その切り替え時間は日本時間で23:15JSTに行われているようです、その時の受信状態は以下のように受信できました。
2021年3月10日

最後に放送局確認についてご教授頂きました中波DXer 峯松氏に感謝申し上げます、ありがとうございました。
峯松氏のホームページアドレスはこちらです→ https://eureka-fumi.blogspot.com/

本日も北米中波入感しました

5日金曜日に続き6日土曜日も北米中波が受信できました。
5日よりも信号が強く言語は英語であることが確認できる入感状態でした、昨年の3月5~7日もとても良く聴こえていましたから時期的に良いのかもしれませんね。
今回は1640kHzも良く聴こえていたのですが1620kHzをメインに受信をしました、23:00JST頃には入感していて23:15JSTにぐんと信号がアップしました、アメリカの中波局には昼間と夜間の出力を変更(昼間は出力を大きく、夜間は小さくする)している放送局がありますので丁度そのタイミングだったのか電波伝播の影響だったのか詳細は判りませんがまずまずの受信状態でした。
今夜も受信します聴こえるといいなぁ。(=^・^=)ノ
使用受信機:日本無線NRD-535D
アンテナ:YouLoop antenna (全周4m)
受信地:高知県

23:15JST頃の様子

北米中波局入感

3月4日木曜日に23:30JST頃北米中波が入感したとの神奈川のS氏のツイートをみて金曜日22:30JST頃から受信を試みました、国内の中波放送が行われている531~1602kHzの間はなかなか厳しいのでEX-bandといわれる1602~1700kHzの間を受信します、昨年入感頻度の高かった1620、1640、1700kHzの各チャンネルに周波数を合わせます、まず1700kHzで入感があったものの内容はほぼわかりませんでした、その後23:00JSTを過ぎたあたりから1620,1640kHzの信号がやや上向いてきました、強い信号ではありませんし内容もほぼわかりませんでしたが、遙か北米大陸(西海岸)から電波が届いていると思うとワクワクします。
アンテナはYouLoop antenna, 受信機は日本無線 NRD-535D, 受信地は高知県です。
さぁ、今夜も受信してみましょう。 (=^・^=)ノ

1640kHz 2021年3月5日 23:20JST頃

1620kHz 2021年3月5日 23:26JST頃

単一電池サイズの単三電池用カートリッジ

SONYの中波専用ポータブルラジオ ICR-S71は電源として単一電池2本を使用します

s71-1s71-3

単一電池がすぐに入手できないわけではないのですが単三電池でもこのラジオを使用できるようにしておくと便利だと思って単三電池→単一電池変換のカートリッジを購入しました、一つのカートリッジに単三電池を3本入れる事ができます、以前100円ショップで購入したカートリッジは単三電池1本用でしたのでそのカートリッジを使用するよりラジオの稼働時間が長くなり災害時などに重宝しそうです、またこのカートリッジと充電池の併用で電池代も節約できると思っております。
(=^・^=)ノ

s71-4s71-5
プロフィール

cuttofumwdx2020 (とーふ)

Author:cuttofumwdx2020 (とーふ)
中学生の頃始めたBCL(ラジオ放送受信)を2019年5月に再開しました、中波放送 (AMラジオ)の遠距離受信(Medium Wave DX)の沼は深くて不思議で楽しい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR