FC2ブログ

ROK ラジオ沖縄 「ROK技術倶楽部」 2020年10月5日

今週も日曜深夜のお楽しみ「ROK技術倶楽部」を聴きました。
00:00JSTのスタートは先週と比べると良かったです、福井放送のクロージングが終わるとお二人の技術部員さんのお話が聴こえます、韓国KBSの混信は殆ど気になりませんが北海道HBCの混信が少し気になります、HBCが強くなるのかROKが落ちてしまうのか途中内容が判らなくなることもありましたが今週はほぼ内容は了解できました、矢野顕子の「丘をこえて」は曲の紹介の部分も含め良好、番組終盤の今週のラッキー音声と10月4日から始まったIBC岩手放送「おしゃべり技術くん」のディレクターさんからのメールの紹介はとても良好でした、このIBC岩手放送の「おしゃべり技術くん」と「ROK技術倶楽部」のコラボが今後実現するのか楽しみですね。

今週は先週の反省点であった途中でアンテナの向きを変える事もありませんでしたし、K9AYアンテナの給電/終端抵抗器の可変抵抗を1kΩから500Ωに交換してから初めてのROK技術倶楽部でしたがゆっくりとボリュームを動かすと細かに変化する事が確認できましたのでうまく働いているようです。 (=^・^=)ノ

*動画はいいとこ取りですご了承ください。<(_ _)>

時報からオープニング

トーク部分

今週のラッキー音声

IBC岩手放送「おしゃべり技術くん」からのメール

ラジオ沖縄クロージング

スポンサーサイト



ROK ラジオ沖縄 「ROK技術倶楽部」

毎週月曜日未明の00:00JSTから放送されている「ROK技術倶楽部」の日がやってまいりました、なかなか受信が難しく番組全体を通して完全にコピーできません、断片的に了解度が上がるときがあるのですがなかなか厳しいです、今夜はどのくらい聴こえるでしょうか楽しみです。
私は眠ってしまわないように頑張らないといけません、これまで3回寝てしまっていますから、、、、( ;∀;)

受信報告書について

今日は早朝晴れ間が見えたものの午前9時ごろから雨となりました、気温は28~29℃だったのですが気温の割に蒸し暑い一日でした。
さて、受信報告書について最近考えています、できるだけ詳しく書くことが一番だというのは判っています、ではどの位まで簡単な内容が許されるのかという事と聴取した時間の長さについてです、多分このような疑問はBCLが流行した時代に議論されたかもしれませんね、受信報告書の内容については国内局であれば聞き取り辛いところがあったとしてもほぼその内容は書けると思います、海外局の場合外国語であり尚且つ英語ではない場合、例えばニュース、音楽、トークというような簡単な表現で良いのでしょうか?何を言っているのかわからないのだからそれ以外に書きようがないといえばそれまでなのですが、、、。
聴取時間の長さについては放送局が例えば30分以上の聴取が必要と決めているようなところは除いて、どのくらいの短さまで大丈夫なのでしょうか、放送開始のアナウンスだけ聞こえてその後混信で聞こえなくなってしまうことはよくある事ですね、この放送開始アナウンス(または放送終了アナウンス)だけでも受信報告書を送れば確認していただけるのでしょうか?この場合長くても5分位だと思われますが、、、最終的には各々の放送局の判断となるわけでしょうけれど皆さんの経験談などお聞かせいただけると嬉しいです。 (=^・^=)

ブログを開設しました。

本日ブログを開設いたしました、中波放送の遠距離受信を楽しんでいます、よろしくお願い致します。radio.jpeg
プロフィール

cuttofumwdx2020 (とーふ)

Author:cuttofumwdx2020 (とーふ)
中学生の頃始めたBCL(ラジオ放送受信)を2019年5月に再開しました、中波放送 (AMラジオ)の遠距離受信(Medium Wave DX)の沼は深くて不思議で楽しい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR