fc2ブログ

デルタフラッグアンテナ用リモート終端抵抗器を製作しました。

毎日、真夏日の連続で体にこたえますね、(;´Д`) 水分補給をしましょうね。

シエスタ氏が2012年に公開したデルタフラッグアンテナに使うリモート終端抵抗器を製作しました、Null調整のためにいちいち終端抵抗器の場所までいかなくても受信機の前で信号強度や混信局の様子を見ながら調整ができる優れものであります、その性能はこの10年間のシエスタ氏をはじめとする多くのDXerによる実践によって実証されているものです。
自分に作る事が出来るかなぁ?とちょっと自信がなかったので、資料はいただいていていたのですがそのままになっていましたが、秋ごろからの野外受信に使いたかったのと、昨年使用したK9AYアンテナはカウンターポイズ (又はアース)の展開が必要なのに対しデルタフラッグアンテナはその必要がないのでアンテナの設置時間が早そうだという理由で「一台作ってみよう!」と思い立ち製作する事を決めました。

製作したリモート終端抵抗器(上がコントローラー、下がアンテナに取り付けるユニット)
RTR03.jpeg


地方に住んでいますのでパーツ集めは通信販売に頼る事になります、資料のパーツリストを頼りにパーツ屋さんのサイトで必要なものをピックアップしていたのですがパーツの一つフォトカプラが同型のものが見当たりせん、型番の似たものがあったのでシエスタ氏にツイッターのDMを使って「このフォトカプラは使用できますか?」と質問をしたところ「違うものなので使えるかどうかは追試が必要」とのお返事がありました、そして手持ちの使えるフォトカプラを送りましょうかといっていただき、お言葉に甘えて譲っていただくこととしました、約一週間後にフォトカプラを受け取りましたが、その一週間の間にシエスタ氏は現在入手可能なフォトカプラでの追試を完了されて、無事使える事を確認されていました、半固定抵抗器の一つを違う容量のものにすると使えるそうです。流石です (;゜0゜) すごい。
フォトカプラ以外のパーツ類を注文をすませて数日後パーツがすべて整いました。

いよいよ制作に取り掛かりますが電子工作はあまりやらないので資料と自分で書いた実態配線図のようなものを見ながら組み立てます、はんだ付けは相変わらずへたくそでお芋畑のようですw
どうにかこうにか出来上がりリモート制御用のケーブルを繋いで調整の準備をととのえて電源スイッチをオン!!! 光らない、、光るはずの発光ダイオードが光りません 失敗したーーー‼
動かないーー がっくりーー‼ ( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!
こうなると工作初心者の私にはどうすりゃいいのーーー うぉーーー‼ であります。

ここからシエスタ氏に2日に渡っていろいろアドバイスをいただきご迷惑をかけてしまいました、結局原因はフォトカプラの入力端子への接続がプラス側とマイナス側を逆に配線していることでした、私の間違いなくやっているはずという思い込みに起因するものでした。( ;∀;)ダメじゃん

↑たったの三行で書いてますがいろいろ、もろもろありました。:(´◦ω◦`):すみません。

改めて組み直しをしてもろもろセットを完了し調整のためにスイッチON‼
光ったー 光りましたよーーー‼ 動作しましたーーー‼

動作をさせた様子


抵抗値500Ω~2kΩ可変
入力電圧 9V
リモート制御ケーブル長 25m

終端抵抗の中
RTR02.jpeg

一時はどうなる事かと思いましたが、シエスタ氏に助けて頂いて完成する事が出来ました、この場で改めてシエスタ氏に感謝申し上げます、本当にありがとうございました。
少し涼しくなったら実際の使用状態での実験・受信を楽しみたいと思っております。
(=^・^=)ノ Good DX!






スポンサーサイト



プロフィール

cuttofumwdx2020 (とーふ)

Author:cuttofumwdx2020 (とーふ)
中学生の頃始めたBCL(ラジオ放送受信)を2019年5月に再開しました、中波放送 (AMラジオ)の遠距離受信(Medium Wave DX)の沼は深くて不思議で楽しい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR